« ことしもプッチリ | メイン | 出勤 »

2006年07月04日

食事その後と体重変化

さて、4月の半ばから進めている食事改善(「善」だと信じて)その後〜。

以前にも書きましたが、スズマル君の食事は、
ひとまず「ソージョス・ヨーロッパ」を軸に継続しております。
内容量は以下に(一日分)。
●ソージョス・ヨーロッパ/70g
●(南アルプス天然)水/250ml
●馬肉(生)/110~120g
 ※これは、ハツになったり、砂肝になったり、アジになったりも有り。
●ヨーグルト/大さじ4杯程度
●エキストラバージンオリーブオイル/少々
●アガリクス/1スティック

てな具合でした。
もともと好き嫌いも無いので、毎回完食。
ウンコは若干カタめな時もある気がするが、ま、いいウンコ。
皮膚の具合は相変わらず・・・

で、過ごしてきたわけですが、な〜〜んか違和感が。

「あれ〜?スズ、痩せた?」

kenboは気づかなかったんですが、体重計に乗せてみると
MAX12.8kgあった体重が(といっても12.3〜12.5kgが通常)、
11.8kgになってるではないですか〜!

犬の1kgっておっきいよね?
食事が足りない?
つか、満足に食べさせてもらってない?それってある意味虐待???!!!
と焦ってしまったのでありました。

ソージョス・ヨーロッパの分量は、もともと体重に比例した量より多めにあげている。
じゃ、ちょっと肉の量とヨーグルトの量を増やしてみよう、と言うことに。
でもって、2日後に病院に行ってみて再度体重計るも変わらずの11.8kg。
(厳密には11.85kgだったけど、その後すぐに脱糞して、
少なくとも150g以上は出たので、さらに痩せていたことになるのかな?つかなるよね・・・)

フードを変えたことをいいつつ先生に相談してみましたが、結局問題は無いとのこと。
肉も付いてるし、肋も出てるわけでなし。
むしろ、今の方がいいかもくらいに言われてしまいました。あはは。
実際、犬って少し太めくらいのがかわいく見えるもんですが、
「このくらいでいいかな?」
と思うくらいが、むしろ少し太めのことが多いそうです。
幸い、スズマルは太りにくい体質のようですが、フレンチは結構太り安い犬種。
歳を重ねて新陳代謝が悪くなってくることもあるだろうし、
これからも体重管理に気をつけねばと思った次第でした。

key_image.jpg
食事は健康管理の鍵ですからね。

つか自分も痩せろよ→人気blogランキング
本館はコチラ→「SuzumaRoom!」

※スズマルの兄弟を捜してます。
 2003年10月24日生まれのフレンチさん、おられましたらご一報下さい。

投稿者 emizo : 2006年07月04日 17:01

コメント