« 訓練試験 | メイン | 半分抜糸 »

2005年03月14日

ぷっちり手術

以前もブログに書いたスズマルのぷっちりですが、
小さくなる様子を見せない強情モノの為、手術に踏み切ることにしました。
手術当日のぷっちりの状況は、コレ。

suzu20050314_1.jpg
↑「直径13mmくらいですかね?」

赤黒く見えてるところはかさぶたですが、
ひっかいたりなんだりして、かさぶたになったわけではありません。
嬉しい時にハラをだしてズリズリする癖があるので、
背中在中のぷっちりがこすれてしまっただけでございます。

手術の当日は、朝ご飯と水を抜いて9時半に病院に。
まず血液検査をして、異常がなければ手術になります。
右の前足から(先生は右手と言っていた。ちょっとカワイイ)採血。
大体人間の小指二関節くらいの量を抜き取って検査です。
小一時間ほど結果待ちをして、異常がなかったので手術決定。
このままスズマルを預け、また夕方迎えに行くことになりました。
ぷっちりよ、無くなってしまえ!

14時半過ぎ頃連絡があって、麻酔からも無事覚めましたとのこと。
すぐに迎えに行くと麻酔が切れきっていないので、
遅めに来てくださいと言われ、17時過ぎ頃お迎えに。

suzu20050314_2.jpg
↑「ん?もう来たですか?」

ネット姿が痛々しいスズマルです。
でも、吠えることもなく、いいこに手術を受けたそうです。
よく頑張ったね。

「でもボク、コッパゲですよ?」

患部から約1.5〜2cmの広さで切除するために、
15cm角くらいのコッパゲも同時作成。
ピンク+ブチの皮膚が丸見え。
早くはえそろいますように。

手術は、患部から広まっていないかどうかを病理検査にも回すため、
上記の通り患部より1.5〜2cmの広さで切除。
脂肪組織までがっつり切り取りました。
なので、3〜4mmの厚みもあります。
こんなに切り取られて、ホントに痛々しいです。

病理検査の結果は後日。
抜糸は、また一週間後になりました。
なので、ぷっちりの正体はまた後日のお知らせになりそうです。

切り取ったスズマルの患部の写真はちょいとグロいので、
見たい方だけ、続きをご覧下さいませ。
参考に、手術の金額等も載せておきます。


よく頑張ったね→人気blogランキング
本館はコチラ→「SuzumaRoom!」

※スズマルの兄弟を捜してます。
 2003年10月24日生まれのフレンチさん、おられましたらご一報下さい。

suzu20050314_3.jpg

直径が大体5〜6cmくらですかね?
ブチつき。
いったんホルマリンに浸けてしまっているので、湿っております。
患部の切れ目は、ホルマリンが良く染みるように入れたものです。
切除した際血膿がでたのか、朝よりちょっと小さめ?な気も。

ちなみに手術にかかった金額です。
血液検査  ¥3,000.-
手  術  ¥20,000.-
病理検査  ¥12,000.-
-------------------------
税金込みで ¥36,750.-
でございました。良心的です。
上記の値段に一週間分の抗生物質も含まれております。

同じような手術で抜糸に来ていたシーズーがいたんですが、
とってもきれいな術後でした。
ブチに近い場所だったので、ブチが削れてしまいました。
でも、スズマルの健康が第一なので、早く手術に踏み切って良かったです。

また、後日術後報告いたします。

応援の一票お願いします。→人気blogランキング

投稿者 emizo : 2005年03月14日 23:06

コメント